バキュームブレーカ(真空破壊弁)

配管付属機器 バキュームブレーカ(真空破壊弁) CVU15型

配管付属機器 バキュームブレーカ(真空破壊弁)

CVU15型

  • SCCV機構
  • ステンレス
  • 復水回収対応
  • 水平取付
  • 垂直取付
  • バイパス機能
  • 自動ブローオフ

    配管付属機器 バキュームブレーカ(真空破壊弁) CVU15型

    特長・性能・用途

    特長・性能

    • 本体はオールステンレス製により、耐久性に優れています。

    • コンパクトな設計で小さなスペースでも取付可能です。(垂直取付のみの製品です。)

    • 最高使用圧力2.1MPa、最高使用温度450℃の広い使用範囲となっています。

    バキュームブレーカCVU15型は、蒸気システム内で真空が発生した場合、外部の空気を取り入れることで真空を破壊する自力弁です。

     

    用途

    蒸気機器や配管、液体装置(ボイル槽等)に適しています。

    寸法・重量

    寸法・重量

    CVU15_Rc.png

    呼び径(A) 寸法(mm) 重量
    (kg)
    L H W

    15

    32 70 36 0.55

    仕様

    型 式 接続

    最高使用圧力

    PMO(MPa)

    最高使用圧力
    (MPa)

    最高使用温度

    TMO(℃)

    本体材質
    方式 呼び径(A)
    CVU15

    ねじ込

    PT

    DN15×DN15

    2.1

    2.1 450

    ステンレス鋼

    AISI304*

    ●最高許容圧力(PMA) : 2.1MPa     PMAは耐圧部 (本体) が許容される圧力です。
    ●最高許容温度 (TMA) : 450℃    TMAは耐圧部 (本体) が許容される温度です。
    ●開弁には0.5kPa以上の差圧が必要です。
    ※DN15 ネジ規格は、JIS 15A ネジ規格と接続可能です。
    *AISIは(American Iron and Steel Institute)米国鉄鋼協会規格の略です。

    空気吸込み量

    CVU15_Rc.png

    ●ℓ/ sec : 1秒あたりの空気量 (リットル=1000cc)

    配管例

    CVU15_haikan.png

    作動原理

    ■通常状態
    通常状態では取付口には配管内の圧力P1がかかり、吸気口の圧力P2は大気圧となっています。
    P2よりP1の方が圧力は高く(P1>P2)、この差圧によりバルブは閉弁します。

    CVU15-1.png

    ■作動状態
    配管内にて負圧が発生すると、取付口の圧力P1は吸気口の圧力P2より小さくなり(P1

    CVU15-2.png

    特長・性能

    • 本体はオールステンレス製により、耐久性に優れています。

    • コンパクトな設計で小さなスペースでも取付可能です。(垂直取付のみの製品です。)

    • 最高使用圧力2.1MPa、最高使用温度450℃の広い使用範囲となっています。

    バキュームブレーカCVU15型は、蒸気システム内で真空が発生した場合、外部の空気を取り入れることで真空を破壊する自力弁です。

     

    用途

    蒸気機器や配管、液体装置(ボイル槽等)に適しています。

    寸法・重量

    CVU15_Rc.png

    呼び径(A) 寸法(mm) 重量
    (kg)
    L H W

    15

    32 70 36 0.55
    型 式 接続

    最高使用圧力

    PMO(MPa)

    最高使用圧力
    (MPa)

    最高使用温度

    TMO(℃)

    本体材質
    方式 呼び径(A)
    CVU15

    ねじ込

    PT

    DN15×DN15

    2.1

    2.1 450

    ステンレス鋼

    AISI304*

    ●最高許容圧力(PMA) : 2.1MPa     PMAは耐圧部 (本体) が許容される圧力です。
    ●最高許容温度 (TMA) : 450℃    TMAは耐圧部 (本体) が許容される温度です。
    ●開弁には0.5kPa以上の差圧が必要です。
    ※DN15 ネジ規格は、JIS 15A ネジ規格と接続可能です。
    *AISIは(American Iron and Steel Institute)米国鉄鋼協会規格の略です。

    CVU15_Rc.png

    ●ℓ/ sec : 1秒あたりの空気量 (リットル=1000cc)

    CVU15_haikan.png

    ■通常状態
    通常状態では取付口には配管内の圧力P1がかかり、吸気口の圧力P2は大気圧となっています。
    P2よりP1の方が圧力は高く(P1>P2)、この差圧によりバルブは閉弁します。

    CVU15-1.png

    ■作動状態
    配管内にて負圧が発生すると、取付口の圧力P1は吸気口の圧力P2より小さくなり(P1

    CVU15-2.png

    各種お問合せは
    こちらから